SBC Linux

Lichee Pi Nano用Buildrootカスタム設定のメモ

Lichee Pi Nanoは超小型のLinuxが動作するSBC。Lichee Pi Nanoのハードウエア規模からしてBuildrootが最適な感じなのだが、良いBuildroot設定が見つからず自力でカスタム設定を作ってみた。 今回はほ...
SBC Linux

LinuxのDevice Tree簡単なまとめ

洗練されたラズパイのようなSBC(Single Board Computer)と異なり、中華製SBCではメーカー整備によるDevice Treeの定義が不完全でハードが期待通りに動作しない事も多い。しかし逆に言うとDevice Tree定義...
SBC Linux

Nano Pi Neo2にFriendlyCore 20.04をインストールする

Nano Pi Neo2にメーカー公式サポートOSのFrienjdlyCore20.04をインストールしたので、メモ。 SDカードイメージの作成 ダウンロード GoogleDrive経由でダウンロードする。ファイル名は、nanopi-neo...
スポンサーリンク
SBC Linux

Nano Pi Neo2にArmbianをインストールする

不注意で手持ちのラズパイを壊してしまい、代替品を買おうにも半導体不足でラズパイは在庫全滅状態…。そこで中華LinuxボードのNano Pi Neo2を購入し、Armbianをインストールしたのでメモ。 Armbianって何? Armbian...
Python

MySQLコマンドラインによるデータベース操作のメモ

この記事でPythonプログラムからMySQLデータベースにアクセスする方法について公式ドキュメントの抜粋をしたが、事前準備などで使うMySQLコマンドラインの操作を備忘録としてまとめておく。 MySQLユーザーとデータベースの作成 MyS...
Python

PythonからMySQLデータベースを操作する

Pythonプログラムで計測したセンサデータ等をMySQLのデータベースに記録しておくと、後からデータ加工や閲覧するのに便利そう。PythonからMySQLを操作する手段は幾つかあるようだが、MySQL公式サポートのMySQL Connec...
CircuitPython

MCP2221でCircuitPythonのプログラムをPCから直接動かす

FT232HというICでPCをCircuitPython化する方法を記事にしたが、ほぼ同じ事がMCP2221というICを使っても出来る。やってみた。 仕組みと用意するべきもの MCP2221はUSB接続のプロトコルコンバータで、I2C、UA...
CircuitPython

Blinkaを使ってMCP2221のA-Dコンバータを動かす

MCP2221はI2C・UARTとGPIO4本が備わったUSB接続のプロトコルコンバータで、Blinkaを噛ませることでPCからCircuitPython互換APIで回路の制御が出来るようになる。 MCP2221のGPIOはアナログ対応でA...
電源回路

パワーMOSFETのBack-to-Back接続による電源制御を考える

少し前の記事で、パワーMOSFETを使って電源制御行う場合、電源への電流の逆流に注意が必要な事に触れた。 パワーMOSFETだけで組もうとすると回路が複雑になると思い込んでいたが、2つのMOSFETのボディダイオードを対向させて直列接続させ...
電源回路

ゲート抵抗でパワーMOSFETの故障に備える

パワーMOSFETによる電源スイッチ回路を組んで動かすと、パワーMOSFETが焼ける事故に時々遭遇する。パワーMOSFET自体は大して高価なデバイスではないし焼けた物を取り替えて終わりで良いのだが、厄介なのはパワーMOSFETに巻き添えでマ...
スポンサーリンク