ESP32

ESP32単体モジュールの書き込み回路をブレッドボードに組む

ESP32搭載の切手大モジュールESP32-WROOM-32にはマイコンチップやフラッシュメモリが内蔵されており、プログラムを書き込んで電源供給すればモジュール単体でもマイコンとして動作する。ESP32の開発キットであるESP32 Dev...
電源回路

降圧型DC-DCコンバータの原理動作をLTspiceと実回路で比較する

前回記事で、タイマIC 555を使った降圧型DC-DCコンバータの原理回路をLTspice上で動作させる実験を行った。 前回はLTspiceの組み込みスイッチを使った簡易シミュレーションだったが、今回は実動作可能なMOS...
電源回路

タイマIC555を使ったDC-DCコンバータ原理回路をLTspiceでシミュレーションしてみる

下記記事でまとめた通り、タイマIC555を使うと抵抗とコンデンサの定数を合わせることで所望の周波数/デューティ比のパルス発振回路が簡単に作れる。 今回はこの555による発振回路を用いて、5Vから3.3Vを得る降圧型DC-...
スポンサーリンク
回路設計

タイマIC555による発振回路をLTspiceで解析する

タイマIC 555は50年もの歴史があり、昔から電子工作ではお馴染みのIC。今回はLTspiceで555による発振回路の解析を行った。 555の情報源とSPICEモデル 555のデータシートはICの製造各社から出されているが、...
LTSpice

LTspiceで外部SPICEモデル(.subcktライブラリ)を使う方法

LTspiceの標準コンポーネントに含まれない部品はネット等にある外部SPICEモデルが利用出来る。LTSpiceのライブラリには大きく分けてコンポーネント定義のディレクティブが.modelの物と.subcktの物の2種類がある。.mod...
LTSpice

LTspiceでMOSFETにSPICEモデルを適用してシミュレーションする方法

ICなど機能モジュールのSPICEモデルに新規シンボルを割り当てて利用する方法は別の記事にまとめたが、MOSFETなどのディスクリート部品は既存シンボルにSPICEモデルを適用させた方が回路図が見やすい。今回はMOSFETのSPICEモデ...
ESP32

ESP32でMicroPythonを動かす

以前の記事でESP8266へのMicroPythonインストール方法を紹介したが、今回はESP32へのインストールを行う。ハードウエアはESP32 DevkitCで試した。 MicroPythonファームウエアの選択 ビルド済...
ESP32

ESP32をArduinoで使う方法

ESP32の公式開発環境IDFについて以前の記事で取り上げたが、ESP32の開発環境としてArduinoも選ぶことが出来る。ESP32のArduino環境は開発元であるEspressif社管理のGitHub上にオープンソースのライブラリや...
ESP32

IDF開発環境をセットアップしてESP32を動かす方法

ESP32は中国Espressif Systems社のマイコンチップ。ESP8266と同じ開発元だが、ESP8266よりもESP32の方が新しく高性能でWiFiだけでなくBluetoothも動作する。またESP8266はSDKが提供されて...
ADALM2000

JJY標準電波の受信とデコードに挑戦する

今回は長波帯で送信されているJJY標準電波の受信にトライする。JJY標準電波の送信所は福島県と佐賀県にあり、自宅から受信可能なのは福島から送信されている40kHzの方。受信にはAMラジオのSDR実験と同様の以下のようなシステムを用いた。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました