電源回路

自転車発電で運動不足解消① 下調べ編

コロナによる外出自粛のおかげで運動不足に。そこで、家の中で自転車漕いで運動出来るようにサイクルトレーナーを我が家に導入したのだが、せっかくだからコイツで発電出来ないか?と考えたのがきっかけで自転車発電システムの構築を開始。試行錯誤しながら...
Linux設定

LinuxのOS起動を司る”systemd”のまとめ

近頃ではほぼ全てのLinuxディストリビューションでsystemdによるOS起動へと移行している。互換性のためか/etc/init.d/*にSysV init用のスクリプトを現在でも見かけるが、実際は中からsystemdの制御コマンドsy...
Linux設定

32bit UEFIタブレットPCへのUbuntu20.04LTSインストール方法

以前の記事で、32bit UEFIかつ64bitアーキテクチャなシステムにUbuntu18.04をインストールする方法を紹介した。64bitアーキテクチャなのに32bit UEFIが搭載されているPCの場合通常32bit版OSしか選択肢が...
OSS開発

MkDocsドキュメントをGitHubに登録してRead the Docsで自動公開する

ドキュメントのホスティングサービスRead the DocsにはGitHubと連携する機能があり、作成したドキュメントをGitHubに登録しておくと、Read the Docsのサーバで自動でビルドしてインターネット上に公開することが出来...
OSS開発

PythonのDocstringsからHTMLドキュメントを作る

PythonモジュールのAPIのドキュメントは、PythonソースコードにDocstringというお作法に則ってコメントに埋め込んでおくと、Sphinxを使ってPythonコードからドキュメントを抽出してHTMLなどに自動整形出来る。 ...
OSS開発

MkDocsでRead the Docs用ドキュメントを作る

Markdown形式で書いた文書をHTMLへ自動レンダリングしてくれる静的サイトジェネレータMkDocsを使ってみた。静的サイトジェネレータはMkDocsの他ではSphinxが人気。ただSphinxのデフォルトであるreStructure...
OSS開発

GitHubでリポジトリを作成して操作してみる

自作ソフトウエアをオープンソースとしてインターネット上に公開するためには、GitHubは必須ツールだろう。GitHubは公式サイトを始めとして様々なところで解説が行われているが、やれる事が多岐に渡っていて機能がてんこ盛りのためドキュメント...
Arduino開発

ESP8266の自動flash書き込み回路を解析する

以前記事にしたESP-01ボードの自動flash書き込み回路の回路図。 参考にしたのはWeMos D1ボードの回路図だが、よくよく見てみると使っているトランジスタがLMUN2233という抵抗内蔵型の物だった。…っ...
ADALM2000

ADALM2000をWindows10 WSL上のPythonからコントロールする

Windows10からADALM2000をコントロールするには管理者権限が必要だったりPythonのバージョンの制限があったり少々不便(以前の記事)。一方で、ADALM2000にはネットワークインタフェースが備わっており、ネットワークごし...
ADALM2000

ADALM2000をPythonプログラムから使う

ADALM2000はアナログデバイセズ社が学生の学習やホビー用途向けに開発したUSB接続の測定器。 ADALM2000にはPythonインタフェースライブラリlibm2kが用意されており、API仕様が公開されている。libm2kを使...
タイトルとURLをコピーしました