2019-09

Arduino開発

ESP-01ボードの自動フラッシュ書き込み対応化

前回記事で試した、ESP-01ボードの専用プログラマは「専用」とは名ばかりで実際にはプログラムの書き込み時にいちいちスイッチ操作が必要なのが難点。そこで今回は、ESP-01ボードの自動フラッシュ書き込み対応化を行った。 ESP826...
ESP-01

ESP-01ボードの専用プログラマを試す

ESP-01は2.5cm × 1.5cmの寸法にESP8266チップが搭載された極小ボード。 配送に2〜3週間かかるがAliexpressなら100円ちょっとで買える。 Aideepen 2個セットESP8266 ESP-01 ES...
ESP8266

MicroPythonでSSD1306 OLEDディスプレイを使ってみる

0.96インチのSSD1306 OLEDディスプレイが安く販売されている。以下の物はAliExpressで送料込み192円だった。 0.96 inch OLED IIC White/YELLOW BLUE/BLUE 12864 OL...
MicroPython

ampyを用いたMicroPythonのファイル操作とプログラム実行

ESP8266のMicroPythonではWebREPL経由でファイル操作が出来るが、ampyを使えばシリアルポート経由でもファイル操作やプログラムの実行が出来る。 ampyのインストール pipが使える環境であれば、以下のコ...
ESP8266

MicroPythonでTLS/SSL通信を行ってWiresharkでデコードする

前回記事ではPython3でTLS/SSL行ったが、 MicroPythonでもusslとしてTLS/SSLが実装されており、セキュア通信を行うことが出来る。 今回は、MicroPythonとUbuntu間でセキュア通信を行い、その通信を...
Python

PythonのTLS/SSL通信をWiresharkでデコードする

PythonではTLS/SSLを用いたセキュア通信を比較的簡単に記述出来る。 今回は、TLS/SSL通信を行う簡単なクライアント/サーバをPythonで動かし、その通信をWiresharkでデコード出来るようにする。 秘密鍵と証明書...
MicroPython

MicroPythonのTCP通信をパケットキャプチャする

Ubuntu上に構築したWiFiアクセスポイント(参考記事1, 参考記事2)にMicroPythonを接続し、 UbuntuとMicroPythonの間でTCP通信を行う。 更にUbuntu上でtcpdumpを動かして通信のパケットキャプ...
タイトルとURLをコピーしました