ESP32

ESP32をArduinoで使う方法

ESP32の公式開発環境IDFについて以前の記事で取り上げたが、ESP32の開発環境としてArduinoも選ぶことが出来る。ESP32のArduino環境は開発元であるEspressif社管理のGitHub上にオープンソースのライブラリや...
ESP32

IDF開発環境をセットアップしてESP32を動かす方法

ESP32は中国Espressif Systems社のマイコンチップ。ESP8266と同じ開発元だが、ESP8266よりもESP32の方が新しく高性能でWiFiだけでなくBluetoothも動作する。またESP8266はSDKが提供されて...
ADALM2000

JJY標準電波の受信とデコードに挑戦する

今回は長波帯で送信されているJJY標準電波の受信にトライする。JJY標準電波の送信所は福島県と佐賀県にあり、自宅から受信可能なのは福島から送信されている40kHzの方。受信にはAMラジオのSDR実験と同様の以下のようなシステムを用いた。 ...
スポンサーリンク
SDR

ADALM2000でSDRの実験③ 直交ミキサ編

ADALM2000を活用したSDR実験のシリーズ記事で、前回まではダイレクトサンプリング方式のSDRを紹介した。 ADALM2000でSDRの実験① 同調アンテナ編ADALM2000でSDRの実験② 非同調アンテナ編 ダイレク...
SDR

CMOSアナログスイッチを用いた直交ミキサ回路

ダイレクトコンバージョン方式のSDRなどではRF信号をAD変換する前段で直交ミキサによる周波数変換を行う。今回はこの直交ミキサをCMOSアナログスイッチで実現するための原理について調べ、LTSpiceで回路を組んでシミュレーションによる動...
LTSpice

LTSpiceをデジタル回路のシミュレーションに使う方法

LTSpiceにはデジタル回路のシミュレーションも出来るように標準コンポーネントとして論理ゲートなどが用意されている。これらのコンポーネントは理想的な素子として定義されており、現実の挙動に近づけるためにはパラメーター設定が必要だ。また、標...
ADALM2000

ADALM2000でSDRの実験② 非同調アンテナ編

ADALM2000で作るSDRシリーズの前回記事では、ありあわせの部品で作ったSDRを紹介した。 ADALM2000でSDRを作る① 同調アンテナ編 前回は同調型ループアンテナを使ったが、今回は非同調型のループアンテナを利用す...
LTSpice

LTSpiceを活用してトランジスタ増幅回路の設計方法を学ぶ

SDRがマイブームとなり、ディスクリートで高周波アンプを組みたくなって、今更ながらトランジスタ回路を勉強し設計方法を学んだ。高周波アンプといっても、中波放送の周波数なのでせいぜい1MHz前後、ブレッドボード上に回路を組む想定だ。 教...
ADALM2000

ADALM2000でSDRの実験① 同調アンテナ編

前回記事でADALM2000がGNURadioで使えると分かったので、中波放送(AMラジオ)を受信出来るSDR化にトライをする。自分は本業でデジタル信号処理は扱うものの、アナログ回路については全くの素人。一方で今更わざわざAMラジオを作ろ...
ADALM2000

ADALM2000をGNURadioで使う

ADALM2000はアナログデバイセズ社が学生の学習やホビー用途向けに開発したUSB接続の測定器。以前の記事で、付属ソフトScopyによるオシロスコープやネットワークアナライザ、Pythonプログラミングインタフェースなどを記事に取り上げ...
タイトルとURLをコピーしました